仲精機株式会社

  • EN
RNE081
RNE181
RNE231
RNE281
RNE331
RNE381
RNE481
RNE081
RNE181
RNE231
RNE281
RNE331
RNE381
RNE481

BalTec
ラジアルかしめ機ユニット
RNE


自動組立ラインの構築にも役立つ、高品質かしめ機ユニット。

  • 特殊機械、回転インデックステーブル、トランスファーマシンなど様々な機器に組合わせることができます。
  • 豊富なサイズから、それぞれのかしめ作業に最適なかしめ機ユニットがえらべます。
  • かしめ力は、エア圧、または油圧で発生させます。

型式

  • RNE081
  • RNE151
  • RNE181
  • RNE181R
  • RNE231
  • RNE281
  • RNE281R
  • RNE331
  • RNE381
  • RNE431
  • RNE481
  • 仕様 RNE081 RNE151 RNE181 RNE181R RNE231 RNE281 RNE281R RNE331 RNE381 RNE431 RNE481
    最大リベット径 (mm) φ4 φ2 φ6 φ4 φ8.5 φ12 φ7.5 φ16 φ20 φ24 φ30
    空気圧力 (bar) 2〜6 2〜6 2〜6 2〜6 2〜6 2〜6 2〜6 2〜6
    油圧圧力 (bar) 10〜65 10〜65 145
    カシメ加圧力 (kN) 0.8〜2.4 0.5〜1.5 1.8〜6.6 1.2〜3.6 3.8〜12 5.8〜17 3.0〜9.5 11〜33 6.0〜40 10〜60 15〜100
    ツールストローク (mm) 2〜25 5〜30 5〜30 5〜30 5〜40 5〜40 5〜40 5〜50 5〜50 5〜50 5〜90
    ツールシャンク径 (mm) φ10 φ10 φ10 φ10 φ10 φ20 φ20 φ20 φ20 φ20 φ30

    ※引張強さ370N/㎟の鋼製リベットの場合。

    寸法 RNE081 RNE151 RNE181 RNE181R RNE231 RNE281 RNE281R RNE331 RNE381 RNE431 RNE481
    A (mm) 416〜441 528〜558 528〜558 528〜558 578〜618 633〜673 633〜673 718〜768 705〜755 705〜755 899〜989
    B (mm) 132 173 173 173 185 211 211 275 200 200 271
    C (mm) 112 142 142 142 142 160 160 180 180 180 196
    D (mm) 58〜83 126〜156 126〜156 126〜156 146〜186 166〜206 166〜206 208〜258 198〜248 198〜248 296〜386
    E (mm) 75 110 110 110 110 125 125 160 120 120 160
    F (mm) 115 126 126 126 150 172 172 230 160 160 222
    重量 (Kg) 20 30 30 30 45 60 60 110 80 80 180

    ※C寸法は、モーターカバー無しのサイズです。
    ※サイズ、重量は予告なしに変更することがあります。

    かしめ機ユニットRNE対応表(標準)

    型式 081 151 181 181R 231 281 281R 331 381 431 481 対応シリーズ
    RNE × × サイドモータ付
    RN ワークステーション
    RNR × × × 回転インデックス
    テーブル付
    MRX × 多軸アダプタ付
    RNS × 長尺用スタンド型
    RNL × × × × × × ロングストローク型
    RNFS × × × × 奥行き対応スタンド型
    RND 両面同時
    RNC × × × × 数値制御式

    ※印については、ご相談下さい。

  • フォーミング制御の特長は?

    ラジアルかしめは、独特のロゼット状軸運動に大きな特徴があります。ポンチはスピンドル軸に対して角度を連続的に変化させ、11枚の花びら状の軌跡を描きます。この動きはわずかずつ部品材料を押しながら、リベットヘッドを形成していきます。ポンチと材料は点接触に近い状態を保つために、低荷重で成形でき、摩擦熱も発生しません。ヘッドの形状、表面、ともに均一で美しい仕上がりが得られます。また分子レベルで見た材料の結晶構造の乱れを最小限に保つので、材料の疲労強度等は他方式に比べて優れた値が得られます。小限にて成型できます。


    フォーミング角度(揺動角度)の任意変更は可能か?

    可能です。プレッシャカップとツールホルダのみの交換により変更できます。


    フォーミング速度(工具の回転)速度の任意変更は可能か?

    ポンチは回転はしません。ポンチに菊の花びら状運動をさせるための主軸回転数は一定です。


    工具下降速度の任意変更は可能か?

    ポンチの上昇下降動作はエア駆動されるため配管途中の絞り弁の調整により上昇下降共に任意に変更可能です。


    下死点位置精度はどれほどか?

    下限ストッパ位置の調整リングの最小目盛は0.01mmです。


    下死点保持時間の任意変更は可能か?

    コントローラのタイマ設定により可能です。


    フォーミング機単体だけでなく、ポンチ、周辺機器も含めた対応は可能か?

    仲精機ではお客様のご要望に応じて、トータルソリューションで提案させていただきます。かしめ機本体のみでも可能ですし、スライドテーブル、ロータリインデックス等のワークをジグ類にセット後のハンドリング機器類と共にシステム化することも可能です。詳細についてはお打ち合わせが必要です。
    →お問い合わせフォーム